さいたま市 健康なび活動報告その他ヒートショック対策啓発プロジェクト今シーズンの活動について

ヒートショック対策啓発プロジェクト今シーズンの活動について

公開日:2022年10月21日 最終更新日:2023年10月27日
タイトル
ヒートショック対策啓発プロジェクト2022-2023シーズンの活動について

詳細

 「ヒートショック」とは、暖かい部屋から寒い部屋への移動など、温度の急な変化が体に与えるショックのことです。このことで血圧が変動することが入浴事故の要因の一つと言われています。特に高齢者は血圧変動が起こりやすく、体温調節機能も低下する傾向があることから注意が必要です。
 「STOP!ヒートショック」とは、ヒートショックに関する正しい理解と対策方法を社会に広め、一人でも多くの方にリスクを回避いただけるように、企業協働で推進する啓発活動です。今シーズン(2022-2023)の活動についてご紹介します。

                     幹事企業:東京ガスグループ

 東京ガスグループでは、日本気象協会と共同開発したヒートショックのリスクをお知らせする「ヒートショック予報」を配信しています。下記URLからご覧ください。
https://heatshock.jp/
https://hs-forecast.tokyo-gas.co.jp/HsForecastTop

 市内各区の消防署前の電光掲示板に「STOP!ヒートショック」が掲示されています。写真は浦和消防署です。

 同じく浦和消防署前の電光掲示板。ヒートショックとは、が表示されています。

 ヒートショックへの注意喚起が表示されています。

 消防署内にはポスターも掲示されています。

この情報は、「東京ガス株式会社埼玉支社」により登録されました。

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています